血糖値が気になったため食生活と運動不足の改善を始めました。

10.12.14 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

半年前、私の父がここ1年ほどで急激に痩せているのに気づき何とか病院に連れて行ったところ、糖尿病だといわれました。

私は結婚をしていて専業主婦をしていたのですが、家計を助けるために以前まで働いていた緩和ケア病棟っていう病棟に再就職したばかりでした。※緩和ケア病棟看護師求人※人気のホスピスで働きたい方へ

そのころから、子供を実家に預けることが多くなり、父と顔を合わすことが増えていたので父の変化にも日々気づいていきました。
その時に、私も一緒に血糖値の検査などもおこなってもらったのですが、少々数値が高いと診断されたため、万が一にも私まで糖尿病になりたくはないと思い、ダイエットするのにもちょうど良い思い健康に気をつけるようになりました。
結果的には半年経った現在、体重も7kg落ち就寝時や起床時がスッキリおこなえるようになり、病院でまた検査していただいたところ血糖値も通常になりました。
まず私は、食生活から改善することにしました。晩御飯は、家族全員で食べる上に父の糖尿病用にカロリーの低いものが食卓に並ぶので、自分だけで食べる朝と昼のご飯に気をつけました。
朝ごはんは、切り干し大根と納豆と白ご飯。昼ごはんは、サラダとヨーグルトとレモンやグレープフルーツ等の柑橘系果物に変えて、これを毎日食べるようにしました。
すると、1ヶ月ほどで体重も減ってきてきたので次におこなったのが運動不足の改善でした。
ランニングなどを毎日おこなえるのが理想的だとは思うのですが、中々やろうと思っても続かないので、私は朝・昼ごはんの食材の買出しを数日分まとめておこなうのではなく、毎日その日食べる分だけ買うようにして、スーパーまでの道(約2km)を歩いて往復することにしました。それに加えてランニングを時々おこなうことで、何とか運動を持続して続けられるようになりました。
やはり何かしら重い病気になってからでは遅いですし、困るのは自分のほかにも家族にも迷惑をかける可能性があるので、自己防衛できる面はできるだけ気を使い健康で生活を送れることを大事にするのが重要です。

 

コンプレックスをどうする??

26.11.14 / 未分類 / Author: / Comments: (0)

こんにちは。

私はコンプレックスをたくさん持っている28歳です。

コンプレックスをいくつか書いてみますね。

・猫っ毛で髪の分け目が目立つ・奥二重で目つきが悪い・毛が濃い・ほくろが多い・ニキビ肌・骨盤が広いため体型バランスがへん・太い・短足・脇汗・腋臭など、挙げだすとキリがありません。

こんなにもコンプレックスがあるけれど、両親を恨んだりはしていないですよ(*´ω`*)せっかく両親から頂いた身体ですからね。でも、自信があるわけでは全くないです。自信なんてあればこんなに悩んでなんかいませんから・・

ココも両親からもらった有難いところなんですが、負けず嫌いと行動しないと結果は分からないっていう考え。なので、これらのコンプレックスを打破するために日々いろいろなことをしています。自分ではどうしようもないことは、専門に任していますよ。

友人たちに、例えばニキビのことを考えて食事をしたりするの疲れない??とか言われるんだけど、無理をしていたら絶対に続けることってできないんですよね。なので今の生活で無理もストレスもないっていうことは、私に合った生活スタイルができているんじゃないかなって思います。

ココが嫌だ、ああだったら良かったのに。。。って悩む前にどうすればそのコンプレックスに勝てるのか、自信を持てるのかを考えた方が自分の為にもなると思います(^◇^)